スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物先進国と 日本 一人ひとりの意識の違い

ライフスタイルペット情報サイト ブリオに掲載された
オランダの動物愛護団体Animal Rights For Japanの方の
コラムを抜粋して、ご紹介させて頂きます。

http://bullio.jp/tsunagu/column/column1a.html

【動物先進国と日本 一人ひとりの意識の違い】

★ペットショップでの生体販売は国民のモラルを低下させることにつながる

日本のように、ペットショップで買いたいと思ったときに購入できるシステムは
オランダには存在しません。もちろん「消費者」としては、
日本のペットショップのほうが買いたい時に買うことができるし、
購入後に施設の職員が視察にくるようなこともないのですから、楽ですし、
ビジネスとしてはそちらのほうが好都合です。にもかかわらず、オランダでは
ペットショップでの犬猫の生体販売は行われていません。それは、
命をビジネスに利用することは、国のモラル低下を意味するということ、
そして動物たちに危険をもたらすであろうということを
国民一人ひとりがしっかりと理解しているためです。


★殺処分ゼロの国オランダの動物保護施設

オランダには動物保護団体が運営している保護施設が、
全国に約173箇所あり、すべては殺処分のない保護施設です。


つまり、飼い主を失った動物たちが新しい飼い主を見つけるまでの「仮の住まい」です。
人が保護施設から犬・猫を引き取りたいと思っても、簡単に譲渡してもらえるわけではありません。
家族構成・住宅環境・飼育経験の有無・職種、そしてどうしてこの種類の犬・猫がほしいのか等、
さまざまなことを、施設の職員に聞かれます。犬だと約150ユーロ、猫だと約100ユーロ払い、
晴れて飼い主になることができるのですが、譲渡したら終わりというわけではありません。
保護施設からの抜き打ち自宅訪問もあるのです。

オランダ政府は施設に連れて来られた犬・猫に対して2週間分の費用の援助をしています。
オランダの人々は「動物たちが持つ命の大切さ」を知っていると言っていいでしょう。
一般人の動物愛護意識は高く、愛護という言葉が人の心に浸透しているのです。

オランダの全ての保護施設では2食とおやつ付き&散歩昼寝夜寝付きです。
保護施設には暖房や空調も整備され温度管理されています。
比較的新しい施設においては床暖房が設置されています。

北海道と似た気候でもある厳しい冬が訪れるオランダですが、
このように暖かな環境で新しい家族が見つかるまでの日々を過ごさせることができるのです


動物愛護法は動物の目線の法律でなければ、動物を守るために効力を発しないのです。



今日もご訪問、ありがとうございます

スポンサーサイト

京都から日本初のアニマルポリスを!署名のお願い

杉本彩さんからです。

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11509806213.html

「京都から日本初のアニマルポリスを!」
の呼びかけに
たくさんの皆様より
署名のご協力へのお申し出をいただき、
ありがとうございます!


ネットからコピーのできない方には
署名用紙の郵送の依頼を
お受けしていますが、

用紙のお送り先などを記入されていない方が
時々おられますので、

お宛名と送り先の住所のご記入を
お忘れなきようによろしくお願い致します。

メールをされない方には、
ファックスでもお受け致します


「オフィス彩・アニマルポリス署名用紙郵送希望」
と明記の上

お名前、郵便番号、ご住所を記載していただき、
ファックスをお送り下さい。

2週間以上経過しても
ご自宅に届かない場合はご連絡ください。

署名用紙の署名欄は
コピーしてお使い頂けますが、

郵送でお送りする場合は10枚お送りしています。

それ以上必要な方は、お申し出下さい。

それから、
いくつかご質問もいただいてます。

以下のQ&Aをご参照下さい。

Q.京都市民でなくても大丈夫ですか?

A.もちろん、京都市民以外でも大丈夫です。
京都でアニマルポリスの模範的な制度ができれば、
他府県に普及する可能性が高まると考えています。

Q.年齢制限はありますか?子供でも大丈夫ですか?
A.動物たちの命を守りたいという
今回の署名運動に関しましては、
お子さんにも充分に理解できるものですから、
署名していただくことができます。

※署名用紙の郵送希望、その他、
署名に関するお問い合わせがありましたら、
以下によろしくお願いします。

info@office-aya.co.jp
※ファックスの場合

「オフィス彩・アニマルポリス署名用紙郵送希望」

と明記のうえ、

郵送番号・住所・氏名をお知らせ下さい

FAX:03-6452-3432


「京都から日本初のアニマルポリスを!署名のお願い」

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11508808535.html


杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ Powered by Ameba


京都新聞からです。なぜか転載できないので、飛んでお読みくださいね。
殺処分数減へ売れ残り犬猫を拒否 京都市が業者対策



いつも、ご訪問ありがとうございます。

2年前の今日・・・思い出してください

信頼できる方から、みなさんにご協力願いたいと 
メッセージ受けました
どうかもう一度考えてみてください・・お願いいたします
この声をブログなどで みなさんに呼びかけてあげてください・・

2011年4月22日、午前0時…福島第一原発より半径20k圏内の立ち入りが禁止、
 警戒区域に設定されました。
あれから2年…いまだ家畜の殺処分が続いています。放れ蓄は100頭あまり、、
厳しい冬を生き抜き、もうすぐ青草が生い茂る季節に。
もういいでしょう? 追い回すのは止めてほしい!同じ命、、同じ被災者です。

もう一度、みなさんで声をあげてほしいです。農水省に、復興庁に、官邸に、県の畜産課に、、。
その一滴、一滴がいつかしみ込み、、奇跡をおこすかもしれないから…。
よろしくお願い致します
今も声をあげ続ける畜産農家さんがいます。

双葉から埼玉に避難。 今は野菜をつくり出荷しています。
避難生活は大変だそうです。 ここでどう生きていくのか、、

18日、警戒区域の柵にいる牛を希望の牧場に移送するため立ち会われました。
鵜沼久江さん。 2年も生き抜いた命に元気をもらったそう。
自分も牛に負けないよう生きなければと。

牛は5~6才の知能があり、人をみる。 
多くの仲間の死をまじかで見てきた牛は気が荒くなったそう。

保健所が処分させてくれ、、と言ってきたが、首をたてにふらなかった。
ボス牛は危険を察知すると、しっぽをふり仲間に知らせる。
自分の牛と一緒に群れでいる牛も、自分の牛、、処分しないでと言ってある。

多くの畜産農家は生かしてもかわいそう、、人に追い回されるのが耐えられない…迷惑がかかる、、
そんな理由で処分に同意。 
国で生かすなら生かしたい…が、やむなく同意。

震災の年の暮れの国会で、、一頭でも多く救って下さい、、
終生飼育…と国会で訴えた石破幹事長、、
政権が変わっても、なにも変わりません。 こころの復興のためにも、命の救出を!

それがなければ、福島の復興もありえません。 
2年たち、区域が見直され、、バリケードで分断された地域では
人の心も同じことになっています。こころの復興がなければ、、
牛の未来は福島の未来でもあるのです」


いつも、ご訪問ありがとうございます。

こんなことが行われているなんて。。。

犬と猫と過ごす、こんな1日さんのブログから転載です。

他のブログからもらって来ました。 噂などではなく本当の事だそうです。

高取町役場: TEL0744(52)3334   info@town.takatori.nara.jp


奈良県内では、生駒市や郡山市などで野良猫の不妊手術に助成金を支給しており、
橿原市でも助成金支給が決まり、
繁殖制限により猫をふやさないための努力がなされています。
これは「愛護動物にできるだけ生存の機会を与えること」を目的としている
動物愛護法に沿った行政がとるべき政策の1つです。
その一方で、奈良県高取町ではアライグマの捕獲を積極的に進め、
捕獲器40台近くを役場が購入、各自治会の区長に配布しアライグマの
捕獲に取り組んでいます。


この行政主導の行為が愛護動物である猫にまで及び、
暫く前から個人で猫を捕獲する人間が出て来ました。

奈良県高取町は愛護団体が一部地域で不妊手術を行っている地域ですが、
飼い猫が外中自由に飼育されている地域でもあり、他の地域同様に
飼い猫も野良猫も外にいる状態で、どの子が飼い猫か判別が難しい状況です。
高取町役場は個人が捕獲器で捕獲した猫を、飼い猫か野良猫かを確認することなく
積極的に引き取り、保健所に引き渡し、殺処分しています。


滋賀県などは飼育ができなくなった飼い猫以外は、保健所が引き取らないなど
徹底した対策が取られているなか、飼い猫までも殺処分している行政の行為に
苦情を申し立てたところ、高取町役場の係員は、高取町の飼い猫はすべて把握していると
言い切り、今後も飼い猫までも殺処分するという行為をやめる気はありません。

高取町役場にぜひ皆さんの意見をお願いします!!


いつも、ご訪問ありがとうございます。

奈良市餌やり巡る条例案 市民の意見募集  

 『猫とワイン』さんのブログより転載です。
餌やり巡る条例案、市民の意見募集 奈良市議会が骨子 

( 
http://t.asahi.com/9o78朝日デジタル記事より)

 奈良市議会は6日、カラス、野良猫など飼われていない動物への餌やりで
生活環境悪化を引き起こす行為を禁ずる「奈良市良好な生活環境の確保に関する条例」案の
骨子を発表し、パブリックコメント(意見募集)を始めた。

条例案は、市議会が全会派合同で検討。次の定例議会での議員提案を目指している。
骨子は市のホームページで公開。市議会事務局や市文書法制課、
西部・東部・北部各出張所と月ケ瀬・都祁の各行政センターでも閲覧できる。

パブリックコメントを提出できるのは市内在住・在勤・在学の人か、
市内に事業所がある事業者。指定の書式に住所、氏名、電話番号を明記して
市議会事務局議事調査課(〒630・8580、奈良市二条大路南1の1の1)に郵送か持参、
ファクス(0742・35・3022)、電子メール(gijichousa@city.nara.lg.jp)で受け付ける。
26日必着。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
私がまちなかで目にしたのは、止め処なく続いた地獄でした。
もしも、子供達が目にする事態に陥ってから、あらゆる代償を払って地域再生の施策を講じても、
一度定着した地域通念の転換は、容易いものではなく、更に、時間の経過ともに悪循環増すばかりです。
罰則規制による住環境の保全を掲げて、取り返しの効かない弊害を、人々の暮らしと繋がりに課すのが、
自治体としての手法及び行政の役割なのでしょうか?

『奈良市良好な生活環境の確保に関する条例(素案)の骨子について』
○ 奈良市-民在勤者限定パブリックコメント募集
-
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1360042530940/index.html
jp/www/contents/1360042530940/index.html


○ 骨子素案
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1360042530940/files/seikatukankyokossi.pdf

○ Q&A
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1360042530940/files/seikatukankyoqanda.pdf

荒川条例を彷彿させるこの手の
罰則規制の行き着く先は、地域コミュニティを潰し、悪循環を次世代にも課すだけです。
地域再生の為、社会参加型問題解決活動に、市民の参加を妨げる罰則規制はいりません。
必要なのは、地域応答に則った一定ルールで、
地域課題に取り組む市民参加を推進する行政支援事業を積み重ねる事です。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
 『猫とワイン』さんより転載させて頂きました。

奈良市の方、どうかパブリックコメント提出して下さい。

野良猫だって、元は飼い猫が捨てられて、増え続けたはずです。
環境省が処分される犬猫の数を減らす方針を打ち出している今日、

行政、団体、企業、個人、いろいろな立場で責任と負担を分担し、
協力して取り組むシステムが必要なのではないでしょうか。

「小さな命を守りたい」という同じ気持ちを行政と一般市民とが
協働で取り組むことが一つの形であると思っています。


いつも、ご訪問ありがとうございます



プロフィール

ひなぎく29

Author:ひなぎく29
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2以外の方、足跡を残してくださいね(*^_^*)
    
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
3276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

721位
アクセスランキングを見る>>
里親募集1
いつでも里親募集中
里親募集リンク2
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

くろックCute BC01
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
フリーエリア
にくきゅう手帳
フリーエリア
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS 
フリーエリア
東北地震犬猫レスキュー.com
フリーエリア
天気予報コム
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。