スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置き去りにされた一人と一匹

        『見捨てられた一人と一匹、地震と津波と原発の後で』
       ≪私に何の関係があるのだ≫さんのブログからの記事になります。。。
     
    つたが、はびこる人気のない富岡町、庭には腰のあたりまで雑草が生い茂っている。
    牛小屋には、餓死した牛が横たわっている。鶏舎はウジがたかり、吐き気をさそう
    悪臭が漂う。 原発立入り禁止区域で政府の命令に反し、立ち去ることを拒否した
    農夫の松村なおと氏は、富岡町の唯一の住人である。
   『癌にかかる可能性も考えたが、留まりたかった』 アキという名前の痩せた犬が
    いつもそばにいる53歳の男性は言う
   『もし私が、あきらめて去ったら、それですべて終わりだ。留まるのは私の責任であり
    私は、ここに留まる権利がある』政府に反抗することが稀であり、皆の意見の一致を
    何よりも大切にする国において、松村氏は異端である。 彼の静かな抵抗は、沈黙を
    守る何万人もの原発難民の ジレンマに非常に大きなインパクトを与える。
    
        松村氏は、置き去りにされた動物たちの面倒をみている。
   『私達はすでに忘れ去られています。日本の被災地以外の地域の人達は、もう自分達の
    日常に戻ってしまった。私達のことはなるべく考えないようにしているのだろう』
     
    市役所は、安全な場所に移され、住民たちは仮設住宅に移るか、どこかへ引っ越して
    しまった。町は警察のバリアで封鎖され、人間が住むには危険な場所だと、公的に
    示されている。警察官は、毎日、見回りをしている。法的には立入り禁止区域にいる
    人間は、誰でも拘留され罰金を払わせられることになっている。
    しかし警察は、松村氏のことを見て見ぬふりをするという事だ。
    過去には警官と数回、衝突した事もあったとか。残っている人達は何人かいたが
    数週間前に、最後の人間が出て行った。松村氏に猫を託して。。。
    古いモーターを使って電気を起こし、水は井戸から汲み上げている。
    缶詰か、魚を釣って食べる。 一ヶ月に一度か二度、町に出て必要な物を貰ってくる。
      
        見捨てられた犬や猫達の世話もする。 狼に似たアキも。
   『何回か東京に行って政治家にも進言した。 なぜ私がここに留まっているのか。
    牛を置き去りにして死なせる事が、どんなに酷い事か。墓も守らなければならないと。
    しかし彼らは私の言う事なぞ聞いちゃいない。そんなとこにいる方が悪いと言うだけでした』
    松村氏は一度だけ町を出た事がある。しかし、それは彼が村に留まる事を一層強める事になった。
   
   『親戚のところにも行ったが、私が放射能を浴びていると恐れ、中に入れてくれなかった。
    避難所にも言ったが、満員だった。これで私は十分に、元の場所に戻る理由が出来た』
    松村氏は、100万円の弁償金を貰った。 農夫としての収入に比べればずっと少ない。
    原発が安定するまでの先の補償はないそうである。
    第二次大戦で、降伏を拒んでジャングルの中にいた日本兵士を自分になぞらえる。
    雨が激しく降ってきた。 多い茂った水田に足を運ぶ。
    穂をつまんで、ため息とともに溝へ投げる。
    今年は水田からは、金は出来ない。 もしかして一生出来ないかも知れない。
   『最初は、一人でいるのが奇妙だったが留まろうと決心したよ。もう慣れて来たしね』
         article-0-0DA442FB00000578-830_634x399.jpg
                ( 犬のアキと松村さん )
     ≪私に何の関係があるのだ≫さんの記事より転載させて頂きました。
      
        松村さんに心からの称賛と応援の気持ちを送りたいです。。。
        被災地の皆さんと動物達が良い方向に、動いて行きますように

季節の変わり目、お元気に過ごしてくださいね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

苦しくてせつないです・・・
これが今の日本で起こっている現実とは・・・
松村氏とアキちゃんに頑張れのエールしか送れない・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ランキングの方から、こちらにきました。
とても、愛らしいですね(笑)見てるだけで癒されます。
それに写真の撮り方上手ですね!
故郷の宮城の家には、2匹の双子のような猫を飼ってます。
まあ雑種ですが、とても可愛いものです。
また遊びに来ます。

ランキングポッチと応援しておきました!!もし良かったら、ポッチと応援だけでもお願いします(笑)

yun様へ

yunさん、こんばんは(*^_^*)

いつも、コメントありがとうございますe-397
本当にこういう記事を読んだり、書いたりしながら
今の日本で起きている状況とは、信じられない想いで
信じたくない気持ちです。今の政府と行政には“心”という
大切なものが感じられません。命の大切さ。。人も動物も
なぜ、この様な苦しい想いをさせるのか。。。悔しいです。
私達に出来る事から応援していきたいですねv-22

Mrウイッグマン様へ

Mrウイッグマンさん、初めまして(*^_^*)

ブログにご訪問してくださって、コメントも応援クリックも
して頂いて、本当に嬉しくて感謝していますv-22
写真も褒めて頂いてありがとうございますm(__)m

故郷は宮城なのですね。。今回の震災と津波は大変でしたね。
大丈夫でしたか? 心から応援していますe-339

宮城には可愛い双子のような猫さんがいるのですね(^^)
心の中で想像して、本当に愛おしい気持ちですe-415
また、ブログに訪問して応援ポチさせて頂きますね(*^^)v

涙が止まりません・・・

なんて切ない話なんでしょう・・・
これは物語ではないんですよね。
原発事故がなかったら、豊かな自然のなかで今も幸せに暮らしているだろうに・・・
せめてアキちゃんとおじさんがこの先も一緒にいられますように・・・
本当に言葉もないです(T_T)

おはようございます。

被災者でない日本人なんて本当は一人もいないのに、自覚していない多くの人々は、もう日常に戻ってしまいましたよね。
残念至極です。
東京であったような大規模なデモが地方都市(私は奈良に住んでいるのですが、奈良は保守的なのでデモが全然おきません)でも起こるようにならなければ、日本は変われないでしょうね。

しょこママ様へ

しょこママさん、こんにちは(*^_^*)

もう、随分と秋めいてきましたねv-34
少し体調を崩してしまいコメントのお返事遅くなって
ごめんなさいm(__)m しょこママさんは体調は如何ですか?
季節の変わり目なのでお身体に気を付けてくださいねv-22

このお話は本当に物語のように感じます。。。
今の日本で、このような想いをさせる政府や行政はどこの国
なのか・・。と思います。まるで戦後のお話ですよね。
取り残された動物たちも、人間も守られる国であってほしいです。
しょこママさん、コメントありがとうございますe-339

はく様へ

はくさん、初めまして、こんにちは(*^_^*)

ブログにご訪問してくださって、コメントも嬉しいですv-22
はくさんは奈良にお住まいなのですよね(^^) 
私も同じ奈良に住んでいますv-47近いですね!

本当に被災地の現状は、半年前と何も変わっていないのに
もう、日本人のほとんどが何もなかったように普段の生活に
戻って、まだ警戒区域に取り残されて苦しんでいる人や動物が
人々から忘れ去られようとしています。いつ自分の身に起きても
不思議ではなく、同じ人間、日本人として悲しい気持ちになります。
私も、まだ出来る限り助けてあげられる様に心を尽くします。。。

はくさん、拙いブログですが、宜しくお願い致しますe-339

切ないですね

何故、こんな事になってしまったのだろう?

いつからこうなってしまったのか?

答えが出ないまま、置き去りにされて
あたかも何もなかったかのように時が過ぎて行く。

本当にそんな事が許されて良いのだろうか?

そんな事は許されるはずがない。
いや、許してはいけない。

事実を忘れる事
それが一番の罪ではないだろうか。
私たちはこの事を決して忘れてはいけない。

事実を伝え続ける事
そして、その事により決して忘れない事
それは奇しくも広島・長崎の原爆の記憶に似ている。

いつまでも、痛みの記憶を伝え続ける事
それが今生きている私たちの義務であり、責任なのだから。

虹野 光様へ

虹野 光さん、こんばんは(*^_^*)

本当に切ないですね。。。これが今の日本で起きている
事実です。戦後のお話のように感じますよね。
この国の政府や行政には、心がありません。
もう言葉も出ない気持ちなのですが、今、世の中が
被災地の事を忘れ、何もなかったかのように過ぎています。
まだ、被災地の現状は半年前と変わっていません。
むしろ悪くなっているようにさえ感じます。人も動物たちも
何とか助けてあげて良い方向に向いてほしいですv-22

光さんのおっしゃる通りですよね。。。いつも心に染みる
お話を、ありがとうございますe-339コメントうれしいですe-420

ひなぎくさん、こんばんは♪

こういうことって、絶対にあると思ってました。
人がいてはいけないはずの地域に、留まっている人もいると思っていたのです。
自分の生き方を通して、また、そうせざるを得ない事情に追い込まれて…。
『親戚のところにも行ったが、私が放射能を浴びていると恐れ、中に入れてくれなかった。
避難所にも言ったが、満員だった。これで私は十分に、元の場所に戻る理由が出来た』
↑ 松村さんに、ロックな方だと、賛辞を送りたいです。
日常生活さえままならない誰も居ない町で、生きてゆくのはご苦労なことでしょう。
買いたいものがあっても、買うお店もないのですから。
ライフラインも止まったままでしょう。
政府、自治体の方針に従わなかったわけですから、自衛隊がヘリで食料投下というわけにも行かない。
私にヘリが運転できたなら、週に1回届けてあげたいです。

辞職した某大臣の「人っ子一人居ない死の町」発言が、ますます恥ずかしいことに思えてなりません。
本当に何度も何度も思いますけど、この国は、どうしてこういう悲惨な状況に目をつぶってしまうのでしょうね。
悲しいです。
今後に何の期待もできない気がします。

kakobox様へ

kakoboxさん、こんにちは( ^^) _旦~~

いつも、コメントくださって、嬉しくて感謝していますe-415
本当に、いつもなのですがkakoboxさんのお話は尤もで正確です。
私の意見をそのまま書いてくださっているので、親しみを感じますe-398
早くからコメントくださっていましたのに、遅くなってごめんなさいね<(_ _)>
これからも、どうか宜しくお願いしますe-420
プロフィール

ひなぎく29

Author:ひなぎく29
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2以外の方、足跡を残してくださいね(*^_^*)
    
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
3929位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

859位
アクセスランキングを見る>>
里親募集1
いつでも里親募集中
里親募集リンク2
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

くろックCute BC01
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
フリーエリア
にくきゅう手帳
フリーエリア
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS 
フリーエリア
東北地震犬猫レスキュー.com
フリーエリア
天気予報コム
フリーエリア
ブログパーツ エステ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。