スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素朴な疑問 『訴えるべき所』

          ≪つくしのブログ≫さんから転載です。
今までも動物愛護団体などが東京電力や福島県知事に要望書を提出していたのは知っていました。

福島県の被災ペット(家畜はまた複雑なので今回確認しませんでした)保護にかかる費用は、東京電力、自治体、国が負担してくれればいいのにと思っています。

東京電力はこの原発事故の加害者としての責任。
自治体と国は住民避難時に強制的にペットを置き去りにさせたことと動物飼育が可能な住居を提供しないことへの責任。(自己都合の転居ではないのです)

同伴できたのに置き去りにした場合は飼い主の責任ですが、今回そういう話を私はまだ知りません。
なのに東電、自治体、国ではなく、民間の動物愛護ボランティアと全国の支援者がほとんどを担っています。

福島県動物救護本部は自治体も参加していますし、職員も支援要員として参加していますが、県が予算をつけて行っている事業ではありません。義援金頼りです。
県や市町村の職員が頑張っていても、そのトップ(政治家)は全く別で、この惨状に責任があると私は思っています。
------------------------------------------------------
福島県知事直轄秘書課に聞いてみました。(お名前は確認していますが、たまたま今そのポストにいるだけという方なので、個人名はこれまで同様書かない方針です。)
まず今まで担当課に聞いたことがありますが、「現場ではわからない」というお返事でしたのでこちらに電話したことを説明して、警戒区域内の動物救援について

①シェルターの運営などに予算をつける気があるのか、このまま義援金だけで運営するつもりか、

②東京電力に対して動物救援の費用負担を求めるのか、を尋ねました。
どちらも細かいことなのでよくわからないということでした。

しかし知事は動物救援のために動いているとおっしゃったので、何をなさっているのか聞きましたが、具体的にはわからないということでした。
そこで私は「県職員がよくわからないのであれば、他の人はもっとわからないです。

全国の方から善意で義援金や支援がきているのですから、県でも予算をつけたり、東京電力に賠償請求したり、県としてやるべきことをやっていただかないと、支援している人も疲れてしまいますし、現場職員の方も本当に大変です。」と言いました。

さらに「県知事が本気で動物を救う気があれば、やれることがたくさんあります。国の方針だからとか指示だからといって唯々諾々と従うのは、それがご自分と同意見かその方が楽だからです。」とも言わせていただきました

私たちには出来ない、東電社長、首相、所管の大臣と直に会って要求することだって出来るのです。

取り残された動物達を助けたいと毎日でも記者会見をして下さったっていいのです。

被爆動物を県と共同で研究する研究機関を募ってくれたっていいのです。

家畜の惨状だって地元代表の知事が怒ればいいのです。

殺処分ならそれでもいいですが、〈生きながら排泄物にまみれ、ウジにたかられ、エサも水もなく、動くことも出来ず〉という21世紀にはありえない拷問を文句も言わず、県民から与えられた権力を使うこともなく、世間に訴える手段がありながらそれもせず、隠蔽し放置したのは知事です。

私たち外野がいくら要望をしても国が聞く耳を持たないのは、地元住民が満足して文句も言ってこないからです。
地元住民というのは国から見れば地元の自治体首長や特に知事のことです。
財政規模の小さな市町村は、知事の後ろ盾が無いと臆してしまうことがあるかもしれません。

9月から組織改編で原発事故の賠償を担当する課が出来たということで、この意見(苦情)は上とその部署へ連絡してくださるということでした。(電話の時点ではまだHP上で見ることが出来ませんでした)

知事や県議の方には動物愛護という思想がないのでしょうか。
住民も不満が無い方が多数派なのでしょうか。。

※前菅内閣がとんでもなかったことは当たり前で、その政策を変える力が知事という私の認識です。

今度の野田内閣が倫理観を持っていれば、遅すぎますが状況が好転すると思います。
-----------------------------------------------------
次に東京電力本店お客様相談室へ電話しました。

ありがたいことに私の電話履歴(番号と内容)が記録されていて、話を理解していただくのが早かったです。
東京電力として今まで被災動物救援をしてきたか、今後する予定があるか聞いたところ、
申し訳ありませんと言う言葉が何度も付くものの、

「被災動物救援は今まで何もしていないし、今後もする予定がない」ということでした。

理由は

①人間優先で行っているのでそこまで手が回らない。(法律上ペットは物扱いなので後回し)

②原子力損害賠償紛争審査会でもペットに関する指針がまだないので、手つかずの状態。

③人員と資金が無く出来ない。

とのことでした。

担当の方は、自分も報道で被災ペットを見ると申し訳なく思う、私が怒るのもよくわかるとかおっしゃって、何度も詫びるのですが(私に謝罪はいりませんと言ってもです)、会社として動物救済をする気は全く無いようでした。

そこで私は、「人間優先と言いますが、その人間の管理する財産である動物のことですよ。野生動物の話をしているのではありません。私は東電に電気料金を払っているし、もうすぐ値上げかもしれません。被災動物へ義援金も支援も少しですがしています。無関係の個人が、電力会社を選べないので加害者にお金を払い続け、その上加害者の肩代わりで被害者にも支援していて、何で加害者が何もしないのですか?社員の中でボランティアをしようという人はいないのですか?誰のせいで動物や飼い主、ボランティア、福島県の現場職員がこんなに苦労しているのか理解できているのですか?」と結構怒っちゃいました。

「人間のためのボランティアは何万人規模で自治体と協定を結んでやりましたが、動物はしていません。しかしおっしゃる通りなので、声をかけていきたいです。」とのことでした。

電話を早く切りたかったからそう言われたのだと思います。
担当者は仕方ないのでしょうが、謝るばかりで暖簾に腕押しという感じでした。
一応「こういう意見はたくさんきているので、また上に伝えます。」ということでした が、
-------------------------------------------------------
国会議員さん、知事さんは何でこれでいいのでしょうか。
原発事故の法律が国会通っていますが、動物愛護を口にする議員さんは何かしてくれたのでしょうか。

緊急災害時動物救援本部にも国会議員は自分への便宜供与ではなく、動物のために義援金の迅速・適正な分配をするよう働き掛けてくれたのでしょうか。

私は普通の庶民なので、したいだけの支援が出来ません。春も夏も新しく洋服を買わずその分を支援に当てましたが、焼け石に水です。
どんなに動物が好きで助けたくても、ボランティアさんの体力も財力も続きません。

頑張っている方ほど自分の生活がメチャクチャになります。
日本は自然災害も多く、景気も悪く、助けなくてはいけないところが次から次へと出て来ます。

せめて加害者がはっきりとわかっているケースについては加害者に責任をとってもらいたいです。
そうすることで、善意の支援は加害者が特定できない困っている動物にまで届くようになると思います。
今の福島は動物を哀れに思う人が何もしない加害者の肩代わりをさせられている状態だと思いました。

  ≪つくしのブログ≫さんから転載です。 http://ameblo.jp/suginanoko/entry-11008751519.html
    東北では、もう厳しい冬になります。動物達を保護して守って行かなければ。。。
      
 圏内に猫ちゃんを残してきた飼い主さん! すぐ見て下さい!
    ≪アニマルエイド≫さんより。 http://ameblo.jp/animalaid-jimunikki/entry-11047900458.html

    
ブログにご訪問ありがとうございます
        
           
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

謝って済む問題なら、とうに昔に解決してるよって話ですよね。
現場ではたくさんのボランティアの方が動いてくださってて
それを支える方々もたくさん頑張ってくださってて
さらにはこうして、みんなの声を代表して直接訴えてくださっている方までもいるのに
それでも重要な役割を担うべき国は聞く耳持たず、ですか…。

もっともな意見でさえも苦情として処理される現状。
こんな国であっていいのか。
やはり動物が"物"として扱われている今の日本のままじゃ
本来なら変えられるものであっても
何も変わっていかないのですかね…。

佐藤 七海様へ

七海ちゃん、こんにちは( ^^) _旦~~

学校生活は如何ですか?いろいろと行事などで忙しいと
思いますが、季節の変わり目ですので風邪を引かない様に
体調に気を付けてがんばってくださいね(^^)v

もう、言葉がないです。。。何をしても国や行政に届かず
現状は何も変わらず、私達、動物を愛する人達だけで
必死になって声をあげ、助かる様に情報を発信しているだけで・・。
どうしたら動物たちの置かれた現状を良い方向に向けられるのか??
毎日、朝起きた時に、動物たちの悲惨な現状を想像して
落ち着かない焦りを感じながら、この7ヵ月が過ぎました。。。

一番、苦しい辛い想いをしているのは、被災地に置き去りに
されて、飼い主さんを待ちながら餓死して行った、罪のない
弱い動物たちです。。それを想うとまだ生きている子たちの
全員、無事救助が終わるまで諦めず情報を発信していきます。

七海ちゃんからコメントを頂けると嬉しくて元気な気持ちになりますe-339
いつも、本当にありがとう<(_ _)>

責任の所在

日本は責任を押し付け合う人たちが
多過ぎると感じています。

今回の事故は自民党が
長い間取り続けてきた癒着の構造による結果です。

自民党の後始末に追われている感は確かにあます。

しかし、政権を取ったからには
全ての責任を取る義務があるのです。

東京電力は正しい電気料金の基本査定さえ騙して
料金を騙し取っていました。

普通の会社なら間違いなく詐欺罪です。
しかし、「公共料金」という「親方日の丸」の傘の元
やりたい放題をして来た訳です。

この様な「奸物」をのさばらせたのも
全て利権と言う欲に目がくらんだ
「政治屋」のせいです。

今こそ「政治家」がリーダーシップを取らなければいけません。

それは

責任を取ると言う事です。

誰が何と言おうと

救済のための法案を通す
その為には政治生命を掛ける

それが政治家のやるべき事のはずです。

命と財産を守る。

これが政治家のやるべき事です。

私たちはもっと声高らかに訴え続ける必要があります。
そして、自分の出来る事を考えて行動して行きましょう。
自分自身が潰れてしまっては何にもならないからです。

ひなぎく29さん
いつもありがとうございます。

演説をぶちあげてしまいました。
申し訳ありませんでした。

虹野 光様へ

虹野 光さん、おはようございます( ^^) _旦~~

コメント頂けて嬉しくて、なぜかホッとしましたv-22
何となく安心出来るのです。。。e-420
光さんの持っておられる人徳や、尊敬できる力の様に感じます。

本当に光さんのおっしゃられる通りですよね。
ある方が、議員さんに政治の責任について問われた所
『自分は、一応肩書きだけだから』と言われたそうです。

政治家ではなく、政治屋というのが本当の様ですね。
私達は、光さんのおっしゃるように、もっと声をあげて訴えて
自分自身の出来る事を考えて行動して行かなければ
いけないと思います。

光さん、今日も心強い、そして大切な事を教えてくださって、
感謝していますe-398 ありがとうございます<(_ _)>
プロフィール

ひなぎく29

Author:ひなぎく29
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2以外の方、足跡を残してくださいね(*^_^*)
    
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
3014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

721位
アクセスランキングを見る>>
里親募集1
いつでも里親募集中
里親募集リンク2
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

くろックCute BC01
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
フリーエリア
にくきゅう手帳
フリーエリア
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS 
フリーエリア
東北地震犬猫レスキュー.com
フリーエリア
天気予報コム
フリーエリア
ブログパーツ エステ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。