スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年前の今日・・・思い出してください

信頼できる方から、みなさんにご協力願いたいと 
メッセージ受けました
どうかもう一度考えてみてください・・お願いいたします
この声をブログなどで みなさんに呼びかけてあげてください・・

2011年4月22日、午前0時…福島第一原発より半径20k圏内の立ち入りが禁止、
 警戒区域に設定されました。
あれから2年…いまだ家畜の殺処分が続いています。放れ蓄は100頭あまり、、
厳しい冬を生き抜き、もうすぐ青草が生い茂る季節に。
もういいでしょう? 追い回すのは止めてほしい!同じ命、、同じ被災者です。

もう一度、みなさんで声をあげてほしいです。農水省に、復興庁に、官邸に、県の畜産課に、、。
その一滴、一滴がいつかしみ込み、、奇跡をおこすかもしれないから…。
よろしくお願い致します
今も声をあげ続ける畜産農家さんがいます。

双葉から埼玉に避難。 今は野菜をつくり出荷しています。
避難生活は大変だそうです。 ここでどう生きていくのか、、

18日、警戒区域の柵にいる牛を希望の牧場に移送するため立ち会われました。
鵜沼久江さん。 2年も生き抜いた命に元気をもらったそう。
自分も牛に負けないよう生きなければと。

牛は5~6才の知能があり、人をみる。 
多くの仲間の死をまじかで見てきた牛は気が荒くなったそう。

保健所が処分させてくれ、、と言ってきたが、首をたてにふらなかった。
ボス牛は危険を察知すると、しっぽをふり仲間に知らせる。
自分の牛と一緒に群れでいる牛も、自分の牛、、処分しないでと言ってある。

多くの畜産農家は生かしてもかわいそう、、人に追い回されるのが耐えられない…迷惑がかかる、、
そんな理由で処分に同意。 
国で生かすなら生かしたい…が、やむなく同意。

震災の年の暮れの国会で、、一頭でも多く救って下さい、、
終生飼育…と国会で訴えた石破幹事長、、
政権が変わっても、なにも変わりません。 こころの復興のためにも、命の救出を!

それがなければ、福島の復興もありえません。 
2年たち、区域が見直され、、バリケードで分断された地域では
人の心も同じことになっています。こころの復興がなければ、、
牛の未来は福島の未来でもあるのです」


いつも、ご訪問ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですよ。
生き物を飼ったことがある人は、誰でも分かると思います。
飼うことが困難である、ないに関わらず、育ててきて、生きているのですから。
原発がどんなに危険なものか、日本に住む人たちは考えるべきですね。  
新しく原発をつくる、再稼働させる、新しい原発安全神話を宣伝。 
福島でさえ何も解決していないのに、これは許せませんよね。
家畜だけでなく、当地に住む子どもたちも心配です。

No title

そうです!!
原発の恐ろしさもっと考えて欲しいです
そして動物達も生きているんです
同じ命とわかって欲しいのに
私も10ッキロ圏内いつ何が有るか・・・
これは私たちの問題でも有るんですから

ramblee様へ

rambleeさん、こんにちは。
おっしゃる通りですね。。。動物を飼ったことのある方は
誰でも分かると思います。
これ以上、人間の都合で弱い小さな命が犠牲にならないように
心から祈っています。

子供や動物を守れる社会になってほしいです。
rambleeさん、いつもコメントくださりありがとうございます。

茶チャママ 様へ

茶チャママさん、こんにちは。
そうですね、茶チャママさんは身近な状況なので
本当に他人事ではないですよね。。。

原発の恐ろしさもっと考えて欲しいですね。
動物達もまだ生きているのに取り残されています。
人間と同じ命や感情を持つ大切な存在です。

もっと命の重みを考えてほしいですね。
茶チャママさん、同じ気持ちです、、、。

コメントくださりありがとうございます。

No title

 今年の正月、楢葉町に撮影に行ったときだれもいなくなった家の玄関先に犬小屋があり当然犬はいなかったのですが、多分避難するときに泣く泣く置き去りにされたのだろうと犬と飼い主の今を思って胸が痛みました。
ペットが一緒に避難できるようになればどんなにいいだろうかと思います。
ペットによって元気づけられるお年寄りも大勢いるでしょうから・・

はせがわ様へ

はせがわ様、こんにちは。
いつもブログにご訪問してくださりコメントもいただけて
とても嬉しいです。本当にありがとうございます。

そうですね。。。はせがわ様は写真を撮られる時に
現実に置き去りにされた形跡の犬小屋を見られて
胸が痛くつらかったでしょうね(涙)本当に悲しいですね。。。

どうか、もうこれ以上、犠牲になる動物が出ませんように。

はせがわ様のお写真は、心を感じて素敵です。
応援しています。これからもがんばってくださいね。
プロフィール

ひなぎく29

Author:ひなぎく29
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2以外の方、足跡を残してくださいね(*^_^*)
    
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
3309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

729位
アクセスランキングを見る>>
里親募集1
いつでも里親募集中
里親募集リンク2
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

くろックCute BC01
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
いのちつないだワンニャン写真コンテスト
フリーエリア
にくきゅう手帳
フリーエリア
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS 
フリーエリア
東北地震犬猫レスキュー.com
フリーエリア
天気予報コム
フリーエリア
ブログパーツ エステ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。